ドクター製作所

ドクター製作所の強み

岡部から世界へ

ドクター製作所の強みは、何といっても世界一の技術です。世界には、大手のドクターメーカーがいくつかありますが、勝るとも劣らないと自負しております。一番大きな違いは「お客さまのニーズをどこまで取り入れるか」ということ。作っている製品は同じですが、弊社はお客さまと何度も打ち合わせをし、ご要望をお聞きして“協同”の精神で新しい製品を作り、それぞれに合ったものを送り出す。それらが認められたからこそ、今の世界シェアがあると確信しています。

細心の注意を払ってはおりますが、機械にはトラブルはつきものです。製紙工場で今まで起こらなかった紙切れが発生した際、それはドクターの不具合なのか、それとも別の機械の故障が原因なのか、それを見極め、適切に対応するのも私どもの仕事です。お客さまの多くが、ドクターを取り付けた機械を24時間稼働させていますので、その対応ももちろん24時間体制で行っています。深夜や休日に連絡が来ることも少なくありませんが、その都度スピーディに対応。お客さまの業務が滞らないよう、アフターフォローの万全さも弊社の特長です。

「世界一安く、世界一高品質のドクター」という経営理念にもあるとおり、低価格を実現させました。それを今後も継続すべく、今でも部品の材料は自社開発や素材メーカーとの共同開発により価格を抑えるなどの企業努力をしています。

また、これからの新事業として「太陽光発電事業」をスタートさせました。これは、経営安定と、電気代のコストダウンを目的に2014年から始めました。さらに、諸外国と比べてもビジネスチャンスが大きいと感じた農業分野にも参入。「植物工場」を作り、社長自ら野菜や果実栽培を研究。本格事業化を目指しています 。

自ら考えて動く。スキルではなくやる気を重視する弊社は、提案できる人材を求めています。また、意見や不満を持つ社員は仕事ができる者であるとの考えから、社員の意見を大いに聞き、取り入れていく社風でもあります。ドクター製作所だからこその想いと技。これからも世界に誇る技術を提供し続けていきたいと考えます。